« 「 朝の静寂 」 あじさい湖畔  (撮影日:2014.06.29) | トップページ | 「 誰がための橋 」  (撮影日:2014.06.29) »

「 Bass fishing 」 長安口  (撮影日:2014.06.29)

Dsc_190401

|

« 「 朝の静寂 」 あじさい湖畔  (撮影日:2014.06.29) | トップページ | 「 誰がための橋 」  (撮影日:2014.06.29) »

コメント

木沢では鮎が放流されます
その後、大雨で稚鮎が流されてしまうと、このダム湖に溜まります
ダム湖は水が流れがほとんどないので、鮎はどちらが上流か分からない
だから湖から出られなくて、ここでブラックバスと、銀化したアマゴ(サツキマス)の餌になってしまう
木頭だと、小見野のダムで同じようにことになる
鮎の放流時期を誤って、放流間もないころに大雨に見舞われると
木沢や木頭では、鮎があまりく釣れないシーズンになります

投稿: 和三郎 | 2014年7月 1日 (火) 11時31分

bottlebottlebottle 和三郎さんへ

詳しい解説、ありがとうございました。
先日テレビで海の上をイカが飛ぶ瞬間を撮影して放送してましたが、
イカ釣り船のライトに集まるイカを狙ってシイラが集まるらしいです。
そのシイラに追いかけられたイカが必死で逃げるとき、
空中をトビウオのように飛ぶらしいです。
生き物の弱肉強食の世界、その頂点に立ってる人間社会も
弱肉強食によって成り立っているのでしょうね。

さて、この日
海川から霧越峠を越えて海部へ入ったのですが、
霧越峠は徳島県ではダントツの峠ですね~~。
距離といい、雰囲気といい、道路事情といい、秘境感といい
峠越えを味わうのはイチオシのルートと思います。
1年中どこかで工事をしてるルートのようにも思いますが、
霧越峠は魅力的でした。

投稿: Shino | 2014年7月 1日 (火) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「 朝の静寂 」 あじさい湖畔  (撮影日:2014.06.29) | トップページ | 「 誰がための橋 」  (撮影日:2014.06.29) »